西鉄柳川駅構内の丁寧な説明が得意な歯医者「あい歯科」の虫歯治療のページです。

menu

虫歯・一般歯科

「しみる」「痛む」は虫歯のサインかもしれません

「冷たい物がしみる」「甘い物を食べると痛む」などのお口の違和感は虫歯を疑ってください。知覚過敏などのケースも考えられますが、いずれにせよ早めの治療が大切です。虫歯はお口の中の虫歯菌がプラーク(歯垢)を形成し、糖分を栄養源にして酸を出し、その酸が歯を溶かしていく病気です。放っておくとどんどん進行してしまうので、お口の健康のためにも早期発見・早期治療につなげましょう。

虫歯の進行段階

進行段階 症状 主な治療法
CO
ごく初期段階の虫歯
歯の表面のエナメル質の成分が溶け始め、白く濁って見える状態です。痛みなどはまだありません。 歯の汚れを落とすことが大切です。そのための適切な歯みがき指導を行います。またフッ素塗布により再石灰化を促します。
C1
エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんで見える状態です。冷たい物がしみることがあります。痛みはまだほとんどありません。 虫歯部分を除去し、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。
C2
象牙質の虫歯
エナメル質の内側の象牙質にまで汚染が進んだ状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛みも感じます。 虫歯部分を削り取り、インレー(詰め物)などで補います。
C3
神経まで達した虫歯
象牙質の内側の神経にまで虫歯が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ痛みます。 神経を除去し消毒して薬剤を詰める根管治療を行います。その上に、クラウン(被せ物)を装着します。
C4
歯根まで達した虫歯
歯の大部分が溶かされた状態です。歯の神経が死んでしまうと痛みはいったんなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。 ここまで進行するとほとんどの場合、抜歯が選択されます。抜歯後は入れ歯・インプラント、ブリッジ治療などを行い、失った歯の機能回復を図ります。

歯と歯ぐきの役割について

お口の健康を守るうえで、歯と歯ぐきがこんな役割を果たしているかを知っておくことは大切です。それぞれがどのような特徴があるのかを確認し、お口のケアに役立てましょう。

歯の頭部は歯冠と呼ばれ、エナメル質という非常に硬い組織で覆われています。ただ、歯は表面に見えている部分だけではありません。歯は骨によって支えられており、歯の根の部分である歯根が歯全体の土台となっています。

また、歯を支える歯槽骨は歯肉で覆われているので、表面からは歯と歯肉しか見えません。歯と歯肉の間には溝(歯肉溝)があり、ここに菌がたまることによって虫歯や歯周病などの病気になる可能性が高まります。歯肉溝の深さは3ミリ以内であれば健康な状態だといえます。

虫歯の進行段階

すでに治療した部分は虫歯にならないとお考えではありませんか? 虫歯は再発しやすい病気です。一度治療した部分でも装着した詰め物や被せ物と自分の歯の間にわずかなすき間ができていると、そこに細菌が入り込み再び虫歯になってしまうことがあるのです。

つまり治療した歯のケアはとくに念入りにする必要があります。虫歯の再発を防ぐためには、どうして虫歯になったのかを理解することが大切です。虫歯になりやすい生活習慣を改め、虫歯の再発を防ぎましょう。

虫歯になりやすい生活習慣
  • 甘い物をよく食べたり飲んだりする
  • お酒を飲んだあと、すぐ寝てしまう
  • 歯みがきをしないことがある
  • 就寝前に歯をみがかない

なるべく痛くないように治療しています

歯科治療に苦手意識を持っている方は多く見受けられます。それは治療に対して「痛い」というネガティブなイメージがあるからではないでしょうか? しかし、現在では麻酔に工夫をすることで痛みをかなり軽減できます。西鉄天神大牟田線柳川駅の「あい歯科」では、できるだけ痛くないような治療を心がけています。痛みを抑えた治療は保険適用で認められた範囲でも可能なので、「歯医者が苦手」という方はぜひご相談ください。

なるべく痛みを抑える工夫
  • 麻酔注射の前に表面麻酔をすることで針を刺すときに痛みを軽減します
  • 麻酔液を体温と同じくらいに温めて、温度差による痛みを抑えます
  • 針を刺す場所や麻酔液注入時の工夫で痛みを大幅に緩和します
  • 電動麻酔器使用で、痛みを最小限にします

歯科医院ポータル歯科タウン 当院掲載中

pagetop