西鉄柳川駅構内の丁寧な説明が得意な「あい歯科」のインプラント治療のページです。

menu

インプラント治療

自分の歯のように噛む機能を回復しませんか?

歯を失ってしった際の治療法として、近年広まってきているのが「インプラント治療」です。インプラント治療は生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製などの人工歯を被せることで治療を行います。天然歯に近いきれいな見た目とともに、自分の歯に近い噛み心地が得られます。

インプラント治療の流れ

STEP1:検査・ヒアリング

患者さんのお悩みやご要望を詳しくお伺いして、インプラント治療に必要なさまざまな検査を行います。

STEP2:ご説明

検査結果をもとに現在のお口の状態や顎の骨の状態についてお話しします。また治療計画や治療のメリット・デメリットなども詳しくご説明します。

STEP3:模型の作製

失った歯の部分を補うための理想的な歯型を作製します。

STEP4:歯型のCT撮影

できあがった歯型の模型にレントゲン造影剤を入れて、CT撮影を行います。

STEP5:シミュレーション

CT撮影のデータをもとにした3D画像でインプラント手術のシミュレーションを行います。理想的な埋入位置を定め手術プランを作成します。

STEP6:サージカルガイドの作製

シミュレーションをもとに、患者さんのお口に合わせてインプラント手術の際のサージカルガイドを作製します。

STEP7:インプラント埋入手術

サージカルガイドを使用してインプラントを埋入します。それからしばらくインプラントが安定するまで治癒期間をおきます。

STEP8:被せ物の装着

インプラントの安定が確認できましたら、歯の機能を補うための被せ物などを装着します。

STEP9:メンテナンス

インプラントを長く使用するためにはメンテナンスが欠かせません。3~4ヶ月に1回程度、メンテナンスにご来院ください。

知っておいてほしいインプラント治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 顎の骨で安定するので天然歯のような噛み心地が得られます
  • 噛む力は天然歯の8割程度まで回復可能なので硬い物でも噛めます
  • となりの歯に負担をかけません
  • セラミック製の人工歯を被せると見た目も自然です
  • 噛む力が歯の1本1本に分散されるので過度の負担がかかりません
  • インプラントを埋入するための手術が必要です
  • 重度の糖尿病などの全身疾患がある場合は、インプラント治療はできません
  • インプラントを長持ちさせるためにはメンテナンスが必要です
  • 治療期間が長めです
  • 自費診療なので治療費が比較的高額です
  • 顎の骨が不足している場合は、まず骨の量を増やす処置が必要です
  • 治療がうまくいかなかった場合、かんたんには治せない場合があります
症例紹介

「あい歯科」のインプラント治療

西鉄天神大牟田線柳川駅の歯医者「あい歯科」では口腔外科専門の医師が定期的に診療を行い、インプラント手術も行っています。インプラント治療を成功させるためには精密な治療プランが欠かせません。そのために歯科用CTを用いた精密検査を行い、詳細な立体画像上でシミュレーションを行っています。

手術の際にはサージカルガイドを使用してインプラント埋入の位置、角度や深さをプラン通りに行っています。用いることで手術時間の短縮・精度の向上を両立できるため、患者さんも安心です。また、専門の歯科医師と提携しておりますのでインプラント治療をお考えの方はまずはお気軽にご相談ください。

また、当院では治療後のケアについても手厚く対応しています。インプラント自体は病気にかかることはありませんが、インプラント周辺の歯ぐきや歯肉はケアを怠ることでインプラント周囲炎にかかることがあります。そのため、3~6ヶ月ごとにメンテナンスのためにご来院していただくことをおすすめしています。治療後のケアこそがインプラントを長持ちさせる秘訣なのです。

提携している先生

長崎大学 教授 朝比奈 泉先生

朝比奈 泉先生のプロフィールはこちら

歯科医院ポータル歯科タウン 当院掲載中

pagetop