西鉄柳川駅構内の丁寧な説明が得意な歯医者「あい歯科」の小児歯科のページです。

menu

小児歯科

お子様のお口の健康を守りましょう

子どもの歯は、そのうち永久歯に生え替わるから……」とお子様の虫歯を放置していませんか? 虫歯をそのまま放っておくと、お口の中では虫歯になりやすい環境が続き、次に生えてくる永久歯にも悪影響をおよぼします。成長期の栄養補給にも関連するので身体の成長にまで影響してしまうこともあるのです。健やかな成長発育のためにも、お子様のお口の健康を守ってあげましょう。

子どもの虫歯予防の習慣づくり

子どもの歯、乳歯はやわらかいので虫歯になりやすく、進行が早い点も特徴です。また虫歯になると痛みがあり、治療でもお子様に少なからず負担を与えてしまいます。そんな思いをさせないように、まずは虫歯にならないように心がけることが大切です。虫歯になりにくい生活習慣は以下でご紹介します。

虫歯になりにくい生活習慣
おやつや食事は規則正しく摂りましょう

だらだらと食べさせないようにしましょう。虫歯のエサになる糖分がお口にとどまる時間をなるべく短くし、お口がきれいな時間を長くすることが大切です。

甘い物は控えましょう

糖分は虫歯にエサになります。虫歯予防のためには、ノンシュガーのおやつやキシリトール入りのおやつをおすすめします。

食べたあとは歯みがきしましょう

「食べたら、みがく」習慣をつけましょう。歯みがきができないときは口をすすぐだけでも虫歯予防の効果が期待できます。日々のちょっとした習慣が虫歯予防につながるのです。

小児歯科の診療メニュー

歯みがき指導

歯並びやお口の状態、お子さんの年齢や発育程度に合わせて汚れを落とすのに効果的な歯みがき方法を指導します。親御様には仕上げみがきの方法もアドバイスします。

シーラント

奥歯の噛み合わせ面にある溝は複雑な形をしているので汚れがたまりやすく虫歯になりやすい部位です。あらかじめそこにレジン(歯科用プラスチック)をつめて、虫歯を予防します。

フッ素塗布

虫歯への抵抗力を高める効果があり歯質を強化するはたらきが期待できるフッ素を歯の表面に塗布して虫歯を予防します。定期的に処置を行うことをおすすめします。

唾液テスト

お口の自浄作用がある唾液は、再石灰化を助けて虫歯を防ぐ効果もあります。唾液の量や成分、虫歯菌の種類や量を検査して虫歯予防に効果のあるプランを立てます。

過剰歯の抜歯

まれに本来生えている歯の本数より多く歯が生えてくることがあります。過剰歯は歯並びに悪影響を与えることがあるので、ほとんどの場合は抜歯となります。

床矯正

歯が並ぶスペースが足りないと歯並びに問題が起こります。床矯正をすることで顎の成長を利用しながら顎の健やかな成長を促します。

ムーシールド

受け口の治療のために装着するマウスピース型の装置です。3歳ころから使用します。早めに治療を始めることで顎の健やかな成長を促します。

食育

お口の健康は食事の内容や食べ方などと密接に関係しています。歯の役割や食事の意味についてわかりやすくご説明します。

妊婦さんのためのマタニティ歯科

妊娠するとホルモンのバランスが変化し、食生活や嗜好品が変わり、心も身体も変化します。当然、お口の中の環境も変わるので、虫歯や歯周病などのお口のトラブルを起こしやすくなります。そのため、妊婦さんのためにもこれから生まれてくるお腹の赤ちゃんのためにも、お口の健康を保つことが大切です。

西鉄天神大牟田線柳川駅の「あい歯科」では、妊婦さんを対象にした歯の治療や口腔ケアであるマタニティ歯科を行っています。妊娠安定期(妊娠5~8ヶ月)になりましたら、一度お口のチェックに受けに来てください。

歯科医院ポータル歯科タウン 当院掲載中

pagetop