西鉄柳川駅構内の丁寧な説明が得意な歯医者「あい歯科」の歯周病治療のページです。

menu

歯周病

「歯ぐきの腫れ」「歯ぐきからの出血」は歯周病の疑いが

歯周病は歯ぐきの炎症から始まり、悪化することで歯を支える組織が破壊されて顎の骨が溶かされ、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまう病気です。実は日本の成人が歯を失う原因の第1位は歯周病。生活習慣病のひとつにも挙げられる歯周病は、喫煙やストレス、口腔ケアの不足なども引き金になります。

成人の約8割が歯周病予備軍です

高齢者がかかる病気だと思われがちな歯周病。しかし、実は日本の成人の約8割が歯周病予備軍またはすでに歯周病を発症しているといわれています。自覚症状がないまま進行してしまうため、すでにあなたのお口の中でも進行しているかもしれません。歯周病のサインがないかチェックしてみましょう。以下のリストで2つ以上に当てはまる場合は、なるべく早く西鉄天神大牟田線柳川駅構内にある「あい歯科」にご相談ください。

歯周病チェックリスト
  • 歯みがきのときに出血することがある
  • 歯ぐきが腫れている
  • 冷たい物を口にするとしみる
  • 口臭がきつくなってきた
  • 歯がグラグラする
  • 歯と歯の間に物がはさまる
  • 歯ぐきが下がって歯が前のより長くなったように見える
  • 朝起きたとき口の中がネバネバする
  • 歯ぐきを押すと膿が出る
  • 歯のまわりにプラーク(歯垢)や歯石がついている

歯周病の進行

歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれており、初期段階では自覚症状がなく、気づかぬうちに症状が悪化していきます。歯周病は以下のように進行していきますので、少しでも異変を感じた場合は当院までご相談ください

健康な歯肉

歯肉はピンク色で引き締まっており、健康な状態です。日頃からケアを意識することでこの状態を常にキープするようにしましょう。

歯肉炎(炎症)

歯肉が炎症を起こしている状態であり、歯ぐきが腫れたり、赤くなったりします。ブラッシングをするとまれに出血することもあるので、歯科医院での適切な処置を受けるようにしましょう。

歯周炎(歯周病)

さらに炎症が悪化すると歯周靱帯が壊れ、歯周炎(歯周病)に発展します。歯から歯周組織が離れることで歯がぐらつき始めます。早期に治療を行わなければ、将来的に歯を失うことにもなりかねません。

検査・診療メニュー

検査メニュー
ポケット検査

進行するにつれ歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)が深くなる歯周病。この検査では「プローブ」という器具を用いて歯周ポケットの深さを測定、進行度合いを調べます。

歯の動揺度の検査

歯周病が進むと歯を支える顎の骨が溶け出すので歯がグラつきだします。この検査ではピンセット状の器具で歯をつまみ、グラつき具合を調べて歯周病の進行度合いをチェックします。

レントゲン検査

歯周病が進行すると歯を支える顎の骨が小さくなり骨密度も低下します。レントゲン検査で顎の骨の形や密度など状態を詳しく確認します。

診療メニュー
SRP(スケーリング&ルートプレーニング)

歯と歯の間や、歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を除去し、仕上げに歯の表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。初期段階の歯周病の治療です。

歯周ポケットそうは術

歯と歯の間や、歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を除去し、仕上げに歯の表面をなめらかにして汚れの再付着を防ぎます。初期段階の歯周病の治療です。

フラップ手術

局所麻酔後、歯ぐきを切開して歯根を露出してから付着しているプラークや歯石を除去します。感染した歯肉も除去してから歯肉を縫合します。歯周病が広がっている場合の治療法です。

再生療法

歯を支える歯周組織が破壊されてしまっている重度の歯周病の治療では、再生療法を行うことがあります。「あい歯科」では再生療法に対応しています。

エムドゲイン

歯周組織再生療法のひとつです。歯周外科手術で歯肉を切開し、感染部位を除去したあと「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導剤を注入して歯周組織が再生するスペースを確保するとともに再生を促します。

歯科医院ポータル歯科タウン 当院掲載中

pagetop