西鉄柳川駅構内の丁寧な説明が得意な歯医者「あい歯科」の予防歯科のページです。

menu

予防歯科

予防のために定期検診を受けましょう

日本では「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方がほとんどのはずです。しかし、痛みを感じた時点で虫歯はすでに進行しています。どんなに優れた治療を行っても歯を元の健康な状態に戻すことはできません。虫歯や歯周病は予防可能な病気です。病気を未然に回避することこそ、お口の健康を守ることにつながります。そのために欠かせないのが毎日のセルフケアと歯科医院での定期検診なのです。

定期検診によって延びるお口の健康寿命

定期検診によってお口のトラブルの予防ができるので、将来にわたって自分の歯で食事や会話を楽しむこともできます。歯科先進国といわれるスウェーデンや米国・英国では多くの方が定期検診を受けています。歯科医療が進んだ国々と日本における70歳時での残存歯の数を比べてください。他の国が10本以上の歯があるのに対して、定期検診が定着していない日本は歯が8本しか残っていないのです。

  定期的に歯科医院で
メンテナンスを受けている人の割合
70歳までの残存率
スウェーデン 90% 20本
アメリカ 80% 17本
イギリス 70% 15本
日本 2% 8本
歯の健康ケア豆知識
その1:ケア用品の使用で病気になるリスクを下げよう

虫歯や歯周病の発症は、ほとんどのケースで歯と歯の間の汚れが原因となっています。つまり、歯と歯の間の汚れをきれいに取り除くことができれば、虫歯や歯周病にはかかりにくくなるのです。

表の歯間部のプラーク除去率(山本他日本歯周病誌1975より引用)にあるように、歯ブラシのみのブラッシングよりも歯間ブラシやフロスを併用した場合の方が、プラークの除去率が上がっています。お口の健康に気を遣うなら、歯間ブラシやフロスなどのケア用品も歯ブラシと一緒に使うようにしましょう。

歯間部のプラーク除去率

山本他日本歯周病誌1975より引用

その2:1ヶ月に1回は新しい歯ブラシに交換しよう

日本小児歯科学会報告では、1人が平均で使う歯ブラシの本数は3本であるというデータがでています。しかし、古くなって先端の毛が広がった歯ブラシではプラークの除去効果が半減してしまうため、より高い頻度で新しい歯ブラシに交換することが重要です。平均では4ヶ月に1回取り替えるところを、1ヶ月に1回の頻度に変更することをおすすめします。常に除去効果の高い歯ブラシを使うようにしましょう。

入れ歯(義歯)の人の口腔ケア

お口の状態やトラブルの状況は一人ひとりによって異なります。それはお口の中に入れ歯(義歯)がある人であればなおさらです。入れ歯はお口の中に入れるため、非常にケアが重要となります。ケア用品を用いてきちんと消毒を行いましょう。

また、保険の入れ歯の場合はデンチャープラークが付着しやすいため、しっかりとケアをする必要があります。それぞれのお口の状況に合わせてケア用品をそろえることによって、最適な予防を行いましょう。全身の健康維持はお口のケアからといっても過言ではありません。

歯科医院でのメンテナンス

歯周病と虫歯は歯を失う2大原因です。どちらの病気も生活習慣と密接に関わっていて、再発の可能性があります。しかし、毎日の歯みがきなどによるセルフケアと生活習慣の改善に加え、歯科医院での定期的なメンテナンスを受けることで予防できる病気でもあります。

一度治療した歯は、ケアを怠ると高い確率で再発するので再治療が必要になります。定期検診を受け、歯のクリーニングをすると毎日の歯みがきでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことができるので、虫歯や歯周病予防に有効です。また、プロフェッショナルの目でチェックするので、問題が起こりそうな部分のリスクを取り除くこともできます。

西鉄天神大牟田線柳川駅の「あい歯科」ではメンテナンスに力を入れています。患者さんに寄り添い、お口の健康をいっしょに守っていける存在になりたいと考えています。

予防のための診療メニュー

唾液検査

自分の歯の口腔内の環境や虫歯の原因やを知るための検査です。

PMTC

歯科医院で行う専用器具を用いた歯のクリーニングです。毎日のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝などのプラークや歯石を徹底的にきれいにします。汚れが落ちるので、口臭予防にも効果があり、軽度の歯への着色の除去も可能です。

フッ素塗布

「再石灰化」を促す効果があるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。虫歯菌の出す「酸」への抵抗力も高まります。フッ素には細菌の繁殖を抑えるはたらきもあるので定期的なフッ素塗布がおすすめです。子どもの歯にも大人の歯にも有効な予防処置といえます。

プラーク染め出し

きちんとみがいているつもりでも、歯並びや「みがきぐせ」によって汚れが残ることがあります。プラークの染め出しをすると、汚れが残りやすい部位がはっきりわかるので、その部分を意識して歯みがきができるようになるのです。歯みがき指導にも役立ちます。

歯みがき指導

毎日の歯みがきは虫歯や歯周病予防に欠かせません。お口の状態は一人ひとり異なりますので口腔ケアの専門家、歯科衛生士がお口の状態に合わせて効果的な歯みがき方法をアドバイスします。歯ブラシの選び方や動かし方などについてもご説明します。

歯科医院ポータル歯科タウン 当院掲載中

pagetop