奥歯の治療molar

奥歯の治療

福岡県柳川市の西鉄柳川駅構内「あい歯科」の奥歯治療についてご紹介します。

奥歯は「食べ物をすり潰して消化を助ける」「しっかりと噛み締めて体に力を込める」などさまざまな役割を担っています。奥歯が欠けたり抜けたりした場合は、なるべくお早めにご相談ください。

奥歯の大切な役割

奥歯には、食べ物を細かくすり潰して消化しやすい状態にする、という大切な役割があります。もしも奥歯がなかったら、消化器官に大きな負担をかけ、全身の健康にも悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

また、奥歯には噛み合わせを安定させるという役割もあります。上下の対となる歯が存在しなくなると、「対面の歯が伸びる」「隣の歯が空いたスペースに傾いてくる」など噛み合わせに問題が発生してしまいます。

このように、奥歯は私達の健康にとって、とても大切な歯なのです。

奥歯の大切な役割

奥歯を抜けたままに放置すると……

奥歯を抜けたままに放置すると……

対面の歯が挺出(ていしゅつ)する

歯が抜けた状態を放置していると、対面にある歯が空いたスペースと埋めようとして伸びてくることがあります。これは歯そのものが成長しているわけではなく、歯の根元が歯肉の外にでてきている状態です。これを「挺出(ていしゅつ)」と言い、放置していると歯が伸び続けてやがては“ポロッ”と抜け落ちてしまいます。

一度伸びた歯は二度と元に戻せないため、挺出(ていしゅつ)をはじめる前にきちんと治療を受けましょう。

噛み合わせが悪くなる

歯が抜けた状態を放置していると、まるで空いたスペースを埋めるようにして隣り合った歯が傾いてきます。すると上下の歯がしっかりと噛み合わなくなり、歯並びが乱れてしまうことに。おかしな噛み癖がついたり、一部の歯に負担がかかったりと、健康な歯にも悪影響を及ぼしかねません。

また、噛み合わせは全身のバランスとも密接な関わりがあるため、肩こりや腰痛、頭痛や目眩などを引き起こす原因にもなります。全身の健康を守るためにも、奥歯が抜けてしまったときは早めにご相談ください。

噛み締める力が弱くなる

運動をしたり、重いものを持ち上げたりと、体に力を込めるときには奥歯をぐっと噛み締める必要があります。このとき、奥歯がない状態では残された歯への負担が大きく、場合によってはほかの歯が欠けたり、ぐらついてしまうこともあるでしょう。また、奥歯がないと噛み締める力が弱くなり、スポーツでこれまでのような力を発揮できなくなるケースもあります。

このように、「噛む力」が重要なのは食事だけではありません。健康な歯を守るためにも、適切な治療を受けましょう。

発音や食事などに支障が出る

奥歯がないと隙間から空気が漏れやすいため、「い」「き」「し」など母音が「い」の音を発音しにくくなります。また、食べ物をしっかりとすり潰せないことで、消化不良気味になってしまうリスクもあります。さらに奥歯があった部分を避けて噛み続けることで、顔周りの筋肉にまで影響が及び、輪郭に変化がでるケースも。

奥歯は人目につきにくいので「なくても問題ない」と思われるかもしれませんが、放置するとさまざまな問題が発生するのです。

一番奥の歯が抜けた場合

抜けたのが一番奥の歯だった場合、手前の歯や噛み合わせに問題がなければとくに治療を施さないこともあります。その場合はひとまずそのままにしておき、定期検診などで歯全体の状態をこまめにチェックしていきましょう。なにか不便なことがあれば、お気軽にご相談ください。必要に応じて入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療法をご提案させていただきます。

奥歯の被せ物(差し歯)・詰め物

奥歯の被せ物の種類
ハイブリッドセラミック(保険診療)

「ハイブリッドセラミック」とは、レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせた白い素材です。前歯から数えて4~6番目の歯には、このハイブリッドセラミックを使用できる場合があります。

ハイブリッドセラミック(保険診療)

銀歯(保険診療)

従来の治療法の一種で、金属を使って被せ物を作製します。費用はお手頃ですが、まわりの歯となじまないため「見た目が気になる」という方も少なくありません。また、金属を使用するため、金属アレルギーのリスクもあります。その場合は、チタンなどの劣化しにくい素材を使用することでリスクを軽減します。

銀歯(保険診療)

セラミッククラウン(自由診療)

陶器と同じ材料である「セラミック」を用いた被せ物です。まるで本物の歯のような、自然な美しさを再現できます。劣化にも強く、欠けたり削れたりしにくいため、むし歯や歯周病のリスクも軽減できます。白さも長持ちし、奥歯の場合は人工歯と気づかれることはほとんどありません。

銀歯ジルコニアクラウン(自由診療)

硬くて丈夫なセラミックの一種「ジルコニア」を使用します。セラミックのなかでも圧倒的な硬度を誇り、負荷の大きな奥歯に適している素材です。また、審美性も通常のセラミックと遜色なく、自然な白さが長持ちします。

ジルコニアクラウン(自由診療)

奥歯の詰め物の種類
銀歯(保険診療)

高い硬度を持つ金属で詰め物を作製します。基本的には丈夫ですが、長期間使用すると変形などの劣化が生じるリスクが高まります。また、周囲の歯となじまないため、口を開けたときに目立ってしまうでしょう。金属を使用するため、金属アレルギーの方にはおすすめできません。

セラミックインレー(自由診療)

陶器と同じセラミック素材を用いた詰め物です。まるで本物の歯のような自然な色調を再現でき、支台となる歯の境目もほとんどわかりません。劣化にも強く、むし歯や歯周病のリスクを軽減できます。また、金属を使わないため、金属アレルギーの方も安心してご使用いただけます。

セラミックインレー(自由診療)

料金のご案内

レジン(歯科用プラスチック)充填:1ヶ所800~1,000円

欠けたり、削れたりした部分が比較的小さい場合は、レジン(歯科用プラスチック)でふさぎます。経年劣化によって着色してしまうこともありますが、天然歯に近い白い素材なので悪目立ちしません。

インレー(詰め物):1ヶ所1,500~2,000円

歯型を取り、欠けた部分をふさぐ詰め物をつくります。費用は大きさや素材によって異なり、保険診療の場合は基本的に金銀パラジウム合金(銀歯)を用います。

メタルクラウン(被せ物):1ヶ所3,000円

欠けた部分が比較的大きい場合は、被せ物を装着します。費用は大きさや素材によって異なり、保険診療の場合は基本的に金銀パラジウム合金(銀歯)を用います。

CAD/CAM冠:小臼歯のみ1本6,000円

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合素材で差し歯をつくります。特殊な機械で人工歯を削り出し、自然な形を再現します。なお、保険が適用されるのは小臼歯のみです。

支台築造:1ヶ所600~800円

クラウン(被せ物)を装着するにあたり、土台が不足している場合はまずコアとなる支台を作製します。

形成・印象バイト:1ヶ所3,000~5,000円

歯の形を整え、印象をとって噛み合わせをチェックします。費用は歯の部位によって異なります。